CSS Niteとは

CSS Nite(シーエスエス・ナイト)は、Web制作に関わる方のためのセミナーイベントです。これまでに、100回以上の関連イベントを通して、のべ16,000名以上の方にご参加いただいています。スタートはアップルストア銀座


CSS Niteは、アップルストア銀座にて3ヶ月連続のイベントとして、2005年10月にスタートしました。 関西では、2006年11月より不定期に開催されてきました。その後、2009年3月より地元有志による運営となり、マンスリー企画がスタートしました。2009年6月でVol.16の開催となります。関西地区では、京都版も開催しています。詳しくは、京都サイトをご覧下さい。

扱うトピック

当初は「CSS」を主たるトピックとして「Nite」(Night=夜)に開催するセミナーとしてスタートしましたが、現在は「Web制作者にとって有益であろうトピック」という広いくくりでトピック/スピーカーを選定しています。

参加している人

主に、マークアップ系(コーダーおよびデザイナー)の方の参加が多く、勤務形態としては「Web制作会社」、「フリー」、「一般企業のWeb担当」が、ほぼ同じくらいの割合です。 参加にあたって、資格などの制限はありません。

CSS Niteの本

セミナーイベントの連動書籍として、 ・『Dreamweaverプロフェッショナル・スタイル』(Dreamweaver CC連動書籍) ・『変革期のウェブ』([Web標準の日々]の連動書籍) ・『Movable Typeプロフェッショナル・スタイル』(MT4LP5の連動書籍) を発行しました。 2008年11月にはCSS Niteビギナーズの連動書籍として『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(毎日コミュニケーションズ)を発行。発売4ヶ月で4回の増刷(5刷)、発行部数1万部を超えました。
詳しくは、関連書籍をご覧ください。