イベント概要

CSS Nite in OSAKA, Vol.19

〜HTML5ってどうなのよって話2〜

Vol.18で取り上げたHTML5のおさらいに加え、前回紹介しきれなかったネタや、新しく入った情報を紹介します。

今回の会場は3ヶ月ぶりのアップルストア心斎橋。
懇親会も予定していますので、そちらもお楽しみに!

イベント名

CSS Nite in OSAKA, Vol.19

〜HTML5ってどうなのよって話2〜

日時 2009年9月27日(日) 19:00〜21:00
会場 アップルストア心斎橋 2F
出演 村岡正和×秋葉秀樹
参加費 無料
事前登録 mixiより登録受付中
※お席を確保するものではありません。
 フラっとお立ち寄りいただいてもご参加いただけます。
定員 30名(それ以上は立ち見)
懇親会 ATNDより登録受付中
主催 CSS Nite in OSAKA 実行委員会
協力 デジタルハリウッド大阪校

セッション内容

セッション1「HTML5のおさらい+α」(村岡正和×秋葉秀樹)

  • HTML5のおさらい
  • なんでHTML5なの?〜セマンティックがとまらない〜
  • XHTMLはどうなるの?

セッション2「こんなことができるHTML5」(村岡正和×秋葉秀樹)

  • キャンバスに描こう
  • 新フォームに変身

出演者

今回は前回ご紹介したHTML5の新機能のおさらいに加え、紹介できなかったHTML5で強化される機能、特にユーザビリティに関する機能をご紹介します。
また、「そもそもどうしてHTML5をやらなきゃいけないの?」という素朴な疑問を考え、それに対する一つの回答事例をご紹介したいと思います。
さらに、そこから「じゃデザインの仕事では何を知り、どう利用していったらいいのか?」ということを皆さんと考えていきたいと思います。

村岡正和(むらおか・まさかず)

村岡正和

バスタイムフィッシュ代表

1975年生まれ。 神戸を中心にWebシステムの開発、IT系の技術コンサルタントとして活動中。システム開発はもちろんのこと、システム設計、社内システム導入提案等を業務としている。経営者に理解しやすいITとは何か?を日々模索中。
京都 Google Technology User Group スタッフとして関西でGoogle Hackathonを開催する活動も行っている。

今回も村岡さんのセッション内容に、デザイナーと言う立場で問いかけるというトーク型セッションになります。
セマンティックという言葉の意味すらぼんやりとしか理解していない、JavaScriptの知識も持たない私が果たしてHTML5という敷居の高い技術にどう向き合うか、技術者ではない目線で考えていきたいというテーマです。

秋葉秀樹(あきば・ひでき)

秋葉秀樹

フリーランスのデジタルクリエイター

自身のブログはこちら

DTPやWeb制作の仕事から、映像制作、3DCGから音楽制作まで、いろんな事に挑戦するマルチなデジタルクリエイター。現在フリーランスで活動中。
大手サイトのマークアップ作業からXHTML+CSSの制作ガイドライン策定まで担当。ライブハウスではVJやアートディレクターを行ったり、Webの業種に限定しないクリエイティブ活動を行っている。

フォローアップ

フォローアップ資料や音声を、シェアいたします。お役立てください。

 

「HTML5のおさらい+α」/村岡正和

JavaScriptを書いた事のない人向けの 『canvasをゼロから勉強するぞ!』の巻/秋葉秀樹

フォトレポート

写真:村岡さん 写真:村岡さん×秋葉 写真:じゃんけん大会

photo by おかだよういち http://s-style-arts.info/