CSS Nite in OSAKA, Vol.39

CSS Nite in OSAKA, Vol.39

イベント概要

イベント名 CSS Nite in OSAKA, Vol.39
年忘れスペシャル「仕事とお金の回(大阪版) Pt.1」
日時 2013年12月10日(火)19:00開場 19:30開演予定
(21:00終演予定)
会場 中央会計セミナールーム
大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル3F
地図:http://goo.gl/maps/Fd4mm
定員 50名
主催 CSS Nite in OSAKA実行委員会
協賛 KDDIウェブコミュニケーションズ
参加費 セミナー+忘年会:6,000円
セミナーのみ:2,600円
出演 高畑 哲平(KDDIウェブコミュニケーションズ)
岡田 陽一(ふわっと)
小山 瑞穂(スワールコミュニケーション)
秋葉 秀樹(ツクロア)
秋葉 ちひろ(ツクロア)
司会進行 鷹野 雅弘(スイッチ)
事前登録 必要(PeaTiXのお申込みページにとびます
備考 スクール形式(=机があります、3人がけ)
Facebook Facebookページ
Twitter ハッシュタグは #cssnite_osaka39 です。
URL http://osaka.cssnite.jp/vol39/

このページのトップへ

参加申し込み

忘年会について

調整中

このページのトップへ

参加申し込み

セッション内容と出演者/プロフィール

発注側はこんなロジックで予算を決めている

敵を知り己を知れば百戦危うからず。
Web制作関連のセミナーは数多く行われていますが、顧客側の話を聞く機会が少ないように思います。

顧客となる発注側はどんなロジックで予算を決めているのか。発注側の内部ではどのような議論がされ、制作側に何を求めているのか。顧客側の気持ちを少しでも推し量ることができれば、事業運営はいくぶんかラクになるはずです。

本セッションでは、一企業の内情ではありますが、話せる範囲で限界ギリギリの情報を開示し、発注側の予算計画とそのロジックをお伝えします。

写真:高畑 哲平

高畑 哲平(たかはた・てっぺい)

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
取締役副社長

2006年、CPI(現 KDDIウェブコミュニケーションズ)に入社。マーケティングと新規事業立ち上げに従事。2009年、ドイツ発のWebサイト制作ツール「Jimdo」の日本独占販売権を取得し、2012年Google、KDDIとみんなのビジネスオンラインを立ち上げる。 2013年取締役副社長に就任。

著書『Webマーケティング思考トレーニング』中央経済社

パネルディスカッション

内容調整中

写真:岡田 陽一

岡田 陽一(おかだ・よういち)

株式会社ふわっと
http://fuwhat.com/

1986〜1992年までシアトルに滞在。美術大学のビジュアルコミュニケーション科でアート・写真・デザインを学ぶ。

帰国後、東京のデジタルイメージ制作会社 FOTONに入社。6年間の広告ビジュアル制作や撮影ディレクションの業務に携わるもWebの仕事に進みたくなり1998年退社。翌年から兵庫県の西の端っこ地元姫路近辺に拠点を移しWebサイト制作や撮影の仕事をフリーランスで活動。13年を経て、2012年5月に神戸に新しく株式会社ふわっとを設立。企業のWebサイト制作や印刷物の制作、それらの素材写真の撮影・イラスト制作、執筆などの業務を行っている。

セミナーやイベントなど関西エリアだけでなく東京や名古屋にも適度に出没。

神戸ではCSS Nite in KOBE実行委員会を企画・運営。

日刊デジタルクリエイターズ(通称:デジクリ)というメルマガに隔週火曜日「おかだの光画部トーク」を担当。写真やWebなどにまつわる話をネタに連載中。

写真:小山 瑞穂

小山 瑞穂(こやま・みずほ)

株式会社スワールコミュニケーションズ 代表取締役
http://www.swirl.co.jp/

就職氷河期の2000年、世の流れに従って就職活動に失敗。
半ニート状態を見かねた父親の計らいで、渡米。

アメリカ滞在中に知人のWeb制作会社で手伝いをしたことをきっかけに、帰国後デジタルハリウッドへ。課程終了後、在阪テレビ局内のWeb制作チームに入り、ディレクション、コーディングを担当。6年間の勤務を経て退社。

その後、路頭に迷っているところに起業の誘いをもらい、なぜか社長として株式会社スワールコミュニケーションズを設立。

Re:Creator’s Kansai (リクリ)」では、運営者の一人として、セミナー開催のための企画・ブッキング・広報を担当している。

座右の銘は、「やらない後悔よりもやる後悔」「人にされて嫌なことはしない、人にされて嬉しいことはする」「人との出会いを恐れるな」。

写真:秋葉 秀樹

秋葉 秀樹(あきば・ひでき)

株式会社ツクロア(tuqulore) 代表取締役/デザイナー
http://tuqulore.com

本業はデザイナー。DTP・グラフィックデザイン・Webフロントエンド全般・Flashゲーム開発・3DCGモデリング・Webディレクターと幅広く携わる。主な作品は海遊館やサンシャイン水族館に公認されたAndroid/iPhoneアプリ「Ikesu」。NFC技術を世界で初めて水族館で利用して魚をスマートフォン内に持ち帰られる体験を提供し、2ヶ月足らずで一万人が利用したこともあり、デザインでどう集客に貢献するかを考える。

近著に『Firefox OSアプリ開発ガイド』(リックテレコム)、『10倍ラクするIllustrator仕事術』(技術評論社)や『すべての人に知っておいてほしい HTML5+CSS3の基本原則』(MdN)など。
2013年4月に株式会社ツクロア(http://tuqulore.com)を設立。

写真:秋葉 ちひろ

秋葉 ちひろ(あきば・ちひろ)

株式会社ツクロア(tuqulore) デザイナー/アートディレクター
http://tuqulore.com

Web制作に従事する傍らAndroidデザイン・XML実装までを担当。デザインや実装に関する講演、執筆、寄稿なども多数手がける。2012年後半はBaidu JapanにてAndroidアプリSimejiの開発に携わる。

2013年4月に株式会社ツクロアを設立。言われたデザインをただ指示通りに作るだけでなく、構造や仕様もデザイナー側から言及できるよう、ハードウェアやソフトウェアプログラミングなどの勉強にも余念がない。技術にとらわれずに体験からデザインを考えるコミュニティ「デザイナーズハック」を運営。もの作りが好きなことが原点。

司会進行

写真:鷹野 雅弘(たかの・まさひろ)

鷹野 雅弘(たかの・まさひろ)

株式会社スイッチ

Webサイトの構築やコンサルティングを中心に、WebやDTPに関しての講演やトレーニングのほか、書籍の企画や編集、スクールなどのカリキュラム開発も手がける。

2005年からCSS Niteを主宰。日本全国、および海外に展開し、300回を超える関連イベントを通し、のべ40,000名を超える方が参加している。

テクニカルライターとして20冊以上の著書を持ち、総販売数は14万部を超える。主な著書に『よくわかるDreamweaverの教科書』(共著、マイナビ)、企画編集を行った書籍に『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(マイナビ)など。

このページのトップへ

参加申し込み

タイムテーブル

時刻 進行 時間
19:00 開場 -
19:30 開演
21:00 終演 -

※終了時間が若干延長する可能性があります。

このページのトップへ

ご注意

よくあるご質問

お申し込み・キャンセル・受講票に関して

イベントへの申し込みはどうしたらよいのでしょうか?
正式なお申し込みは、このイベントのお申し込みフォーム(PeaTiX)からのみ受け付けています。なお、お申し込みを行っていただいても、支払期限(3日間)を過ぎると自動キャンセルになりますのでご注意ください。
どんな決済方法がありますか?
クレジットカード、コンビニ、銀行振込をご利用いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
申し込みのキャンセルはいつまで?
お申し込みのキャンセルは、イベント開催の1週間前までにお願いします。 それを過ぎる場合、返金はできませんが、フォローアップ(スライドや音声などの資料のダウンロードの案内)をお送りします。詳しくは「キャンセルについて」をご確認ください。
受講票は、いつごろ届くのでしょうか?
当日、受付にて、お名前をお知らせください。なお、開催前に、何通かカウントダウンメールやリマインダーをお送りします。

当日の会場に関して

会場となる施設には、駐車場はありますか?
会場施設には、駐車場はありません。公共の交通機関(バス・電車など)をご利用ください。
お車でご来場される方は、会場近くのパーキングをご利用ください。
会場へのアクセスは?
中央会計セミナールームへのアクセスはこちら(Googleマップ)
または公式サイトの地図
会場内でノートパソコン用の電源を確保することはできますか?
申し訳ございません。今回の会場ではノートパソコン用の電源は確保できません。予備バッテリーをお持ちいただくか、十分に充電をしてきてください。
会場内は、ネット接続の環境はありますか?
申し訳ございません。会場内はネット接続の環境は講師以外はありません。

その他

初めて参加するのですが、必要なものってありますか?
イベントへ参加されるのに必要なものは特にありませんが、メモをとる際に筆記用具があるとよいでしょう。
また、イベントには多くの同業者が来場します。普段より多めに名刺をご持参されることをオススメします。
各セッションの内容を復習したいのですが、資料はありますか?
講演終了後日にスライドや音声をダウンロードいただけるように、フォローアップメールにてご案内します。
領収書は用意されますか?
PeaTiXからPDF形式の「領収データ」をダウンロードしてください。詳しくはこちら

このページのトップへ

キャンセルについて

CSS Nite in OSAKA, Vol.39にお申し込みをされた方で、やむなくキャンセルされる場合は、下記キャンセルポリシーをご確認の上、PeaTiXの該当ページにて[主催者へ連絡]ボタンをクリックし、フォームからキャンセルの旨をご連絡ください。

代理参加

「代理参加」が可能です。その場合、受付にて「(誰々)の代わりに参加」のようにお申し込み者のお名前をお伝えください。

キャンセルポリシー

キャンセルの受付は、開催1週間前(2013年12月2日)までです。それ以降は返金できませんが、フォローアップをお送りします。

  返金 フォローアップ
開催1週間(7日)前まで 500円を差し引いて返金 なし
6日前から当日まで 返金なし あり

このページのトップへ

参加申し込み

参加申し込み

SPONSOR

  • KDDIウェブコミュニケーションズ

BANNER

CSS Nite in OSAKA, Vol.39<br>年忘れスペシャル「仕事とお金の回(大阪版) Pt.1」

ブログやサイトにバナーを掲載いただければ幸いです。ソースコードのままご利用ください。

ARCHIVES

CSS Nite in OSAKA, Vol.13以前の開催はこちら